約9割がキャッシュレス決済を利用 

約9割がキャッシュレス決済を利用 

スマートフォンやタブレット端末を使ったお店のキャッシュレスサービス「Coiney(コイニー)」を展開しているコイニー株式会社は、国内の10代から70代の男女772人にキャッシュレス決済に関する利用状況の調査を実施した。
調査の結果、約9割がなんらかのキャッシュレス決済を利用しており、さらに7割の人が週1回以上利用していることからことがわかった。
また、利用されている決済手段は「クレジットカード」が5割を超え、「電子マネー」が約2割となりました。
さらにコンビニやスーパーなど日常のお買い物でキャッシュレス決済が多く利用され、利用者の半数近くが「金額に関係なく利用する」と回答していることから、キャッシュレス決済が日常に浸透し少額決済であっても利用意向が高いことがうかがえる。
 

Read this article in English

コメントを残す