本能寺の変の半年前、信長が日本で初めて安土城で行ったこととは?

本能寺の変の半年前、信長が日本で初めて安土城で行ったこととは?

迫力のA3サイズでよみがえる、名城の天守・櫓・門と御殿。
宇喜多秀家が慶長2年(1597)頃に建てたもので、改修を受けながらも昭和20年の空襲で焼け落ちるまで残っていた。
瓦の一枚、柱の一本までが精密に描き込まれている。

Read this article in English

コメントを残す