不況が自殺も離婚も生む

先日、アメリカ人の弁護士さんと話していた時のこと。「結婚式の時にベストマンをつとめてくれた親友の離婚を今朝,聞かされた。不況の影響はこんなところにも出てしまうね」

突っ込まなかったが、つまりは、そのベストマン氏のビジネスが経済危機の影響でうまくいかなくなったのだろう。お金が家庭に入って来ないと、多くの場合、夫婦関係はぎくしゃくするものだ。

そして、私の息子の親友の父親も、何と、先週の月曜にガレージで自殺してしまった。原因はわからない。子供同士は仲良しだが、その親とは正直あまり親しくないので、死後、未亡人となった母親とも顔を合わせていない。

その家には12歳と10歳の、多感な男の子が二人いるのだ。彼らの心に暗い影を落とすことは間違いない。離婚しても、自分さえまた頑張れば再起のチャンスはある。しかも新しい相手に巡り会うこともできる。

でも自殺してしまったら、再起どころか、残された者に深い悲しみを残すだけだ。彼の自殺の原因が経済的な理由とは限らないが、「生きているだけでまるもうけ」と家族と一緒に生き続けて欲しかった。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。