新型インフル初の日本人

シカゴ在住の6歳の日本人男児が新型インフルエンザに感染していることが確認された。

既に男の子は回復に向かっているらしい。

このニュースで「さすが、日本人、きっちりしている」と思ったのは、男の子の親が、感染が確認された時点で、すぐに日本国領事館に届けを出したということだ。凄い。

シカゴという土地柄、その家庭は、推測だが、駐在員ではないかと思う。彼らは万が一の災害時の連絡のために、在留届けも提出しているに違いない。

と言うのも、私が住むロサンゼルス在住の日本人はずるずると長期間にわたって住んでいるくせに、在留届の提出率が非常に低いというのを聞いたことがあるから。

ロサンゼルスのように日本の物がなんでも買えて、日本人の友達もすぐできて、おまけに気候が温暖とくれば、それはもう極寒のシカゴに住んでいる日本人に比べれば怠け者になってしまうのだ…。怠け者がロサンゼルスに集まるとも言い換えることができそう。

新型インフルエンザの日本人感染ニュースで、「シカゴに住む日本人ってエラいなあ」と、ちょっと脇道に逸れた感想を持ってしまったのである。


日本でプレゼンテンション資料を受け取ることができます。ホテルにも発送してくれます。
パワーポイントのファイルからもポスター印刷

グランドキャニオン、アンテロープキャニオン、セドナ、モニュメントバレー、ホースシューベンド
ラスベガス出発オプショナルツアー ラスベガスコンシェルジュ


コメントを残す