米国エネルギー省がプラスチックリサイクルの研究開発で2700万ドル提供

米国エネルギー省がプラスチックリサイクルの研究開発で2700万ドルを提供

ワシントンD.C.

本日、米国エネルギー省(DOE)は、高度なプラスチックリサイクル技術と設計によりリサイクル可能な新しいプラスチックの開発を支援する12のプロジェクトに2,700万ドル以上の資金を提供すると発表した。 DOEのプラスチックイノベーションチャレンジの一環として、これらのプロジェクトは、プラスチックを化学的な構成要素に分解し、それを使用して新製品を製造する既存のリサイクルプロセスの改善にも役立。
「トランプ政権は、米国を高度なプラスチックのリサイクルおよびアップサイクリング技術の世界的リーダーとして位置付けるための革新を推進することに取り組んでいます」と、エネルギー副長官のマークW.メネゼスは述べています。 「これらの新しいプロジェクトは、米国の競争力を強化し、次世代の環境におけるプラスチック廃棄物の削減に役立つエネルギー効率の高いリサイクル技術の開発を通じて、その目的をサポートしています。」
ボトル:熱可塑性プラスチックを埋め立て地から遠ざけるためのバイオ最適化技術と環境への資金提供の機会は、エネルギー効率再生可能エネルギー局(EERE)のバイオエネルギー技術局と先端製造局が共同で資金を提供。このプロジェクトは、DOEのプラスチックイノベーションチャレンジの一部。このチャレンジは、DOE国立研究所、大学、業界の研究能力を活用して、エネルギー効率の高いプラスチックリサイクル技術のイノベーションを加速させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。