大統領のアジア系アメリカ人と太平洋諸島民に関する諮問委員会(PAC-AAPI)が開会式のオープンミーティングとバーチャルリスニングセッションを開催

大統領のアジア系アメリカ人と太平洋諸島民に関する諮問委員会(PAC-AAPI)が開会式のオープンミーティングとバーチャルリスニングセッションを開催
ワシントン– 5月20日、アジア系アメリカ人と太平洋諸島民に関する大統領諮問委員会は、14名の委員すべてが出席する最初の公開会議を招集しました。米国商務長官Wilbur Rossと米国運輸長官Elaine L. Chao(アジア系アメリカ人と太平洋諸島民に関するホワイトハウスイニシアチブの共同議長)は、ヘレン委員の公式の宣誓式典で始まった会議で歓迎の挨拶を述べました。カンザス州のヴァンエッテン。
委員会は、トランプ大統領の大統領令により、商務長官および運輸長官を通じて、アジア系アメリカ人および太平洋諸島民(AAPI)の雇用主とコミュニティによる経済的資源と機会へのアクセスを拡大する方法について、大統領に助言を提供するよう命じられています。 。
「AAPIが所有する190万を超える企業、およびその多くがパンデミックの影響を大きく受けた2200万人のアジア系アメリカ人と太平洋諸島系の人々の擁護に感謝します」とウィルバーロス長官は歓迎の挨拶で述べた。 「彼らに代わってあなたの仕事はこれまで以上に重要です。チャオ長官と私は、米国政府がこの活気に満ちた成長するアメリカ人コミュニティにどのように最善を尽くして提供できるかについて、私たちとトランプ大統領に助言することを楽しみにしています。
エレインL.チャオ事務局長は、委員会とホワイトハウスイニシアチブの両方が重点を置いているアジア系アメリカ人と太平洋諸島民の4つの分野を強調しました。 AAPIコミュニティが連邦政府のリソースと機会をより有効に活用できる方法を強調するにあたり、彼女は次のように述べています。このグループは、連邦政府全体の代表者で構成されており、経済的資源と機会へのアジア太平洋系アメリカ人のアクセスに関連する連邦プログラムの実施と調整に関するイニシアチブに助言します。」
Dr。委員会委員長のポール・スーは、冒頭の発言を行い、目前の課題に取り組むことで会議を招集しました。「トランプ大統領は大統領令で、私たちの使命はすべてのAAPIとそのコミュニティの生活を改善することであり、私たちの指針となるロードマップです。それが、今日ここにいる理由です。」
アジア系アメリカ人と太平洋諸島民に関する大統領諮問委員会も、オープンミーティングの前日の5月19日火曜日に、ビジネスオーナー、商工会議所、企業団体との最初の仮想AAPIビジネスタウンホールを招集しました。委員長のポール・スー博士とハーマン・マーティール委員は、アジア系アメリカ人と太平洋諸島民に関するホワイトハウス・イニシアチブが主催したこの聴聞会を促進しました。約200人のAAPIビジネスおよびコミュニティのリーダーが参加し、多くの委員が参加しました。
委員会が諮問報告書を作成するとき、これらの市庁舎と聴聞会は、我が国にとってのアジア系アメリカ人と太平洋諸島系コミュニティの使命と重要性を反映しています。講演者の多くは、COVID-19(コロナウイルス)の発生が、グアムやアメリカ領サモアを含むさまざまな州や米国の領土全体でAAPIが所有するビジネスにどのように影響したかについての洞察を提供しました。市庁舎の講演者は9つの異なる州と米国の地域を代表し、聴衆の参加者は31の異なる州と地域から呼びかけました。ウイルスによるAAPIの嫌がらせに関する懸念に対応するため、イニシアチブおよび省庁間のワーキンググループは、米国司法省と連携して、これらの問題への取り組みに関する地域社会との積極的な関与を確保しています。
これらの公開フォーラムは、連邦当局と業界団体がリソースと機会を強調するためのプラットフォームも提供しました。米国国勢調査局は、AAPIビジネスタウンホールで、中小企業にCOVID-19(コロナウイルス)の発生によるビジネスへの影響を共有するよう求める小規模ビジネスパルス調査に関するプレゼンテーションを行いました。また、最新の回答率、国勢調査への対応期間の拡大に関する情報、パートナーシップとアウトリーチキャンペーンのハイライト、パートナーが今後の国勢調査で国勢調査をサポートできる仮想的な方法に関するアイデアなど、進行中の2020国勢調査に関する更新もありました。ヶ月。米国国勢調査局のパートナーシッププログラムは、全国の6,000以上の組織と協力して、アジア系アメリカ人および太平洋諸島系のコミュニティにサービスを提供しています。

コメントを残す