シール紙への高画質プリントにより写真の楽しみ方を拡大

シール紙への高画質プリントにより写真の楽しみ方を拡大

キヤノンは、スマホやタブレット端末に保存している画像を、シール紙にスクエアフォーマットで高画質にプリントをすることができるコンパクトフォトプリンター“SELPHY SQUARE QX10”を4月下旬に発売する。
思い出をきれいな形として残したいユーザーや、写真を通じて自己表現を楽しみたいと考えるユーザーのニーズに対応した、小型・軽量のフォトプリンター。
豊富なレイアウトや多彩な加工ができる専用アプリにより、写真をアレンジしてプリントすることもでき、手帳やアルバムでの活用をはじめ、さまざまな楽しみ方が可能。

■ 手軽にプリントを楽しむことができる優れた携帯性質量約445g(※1)の小型・軽量設計とホワイト/ブラック/ピンクの3色のラインアップにより、自分好みの1台を気軽に持ち運んで楽しむことができる。
また、バッテリーを内蔵しているため、場所を選ばずプリント可能。
■ 高画質で水滴や汚れにも強い長持ちプリント熱でインクを気化させてプリントする昇華型熱転写方式の採用により、色の濃淡を温度で細かく調整できるため、色合いを滑らかに表現することができる。
さらに、プリント過程でラミネート加工を施すことで、画質劣化の原因となる水、油、ガスなどから写真の表面を保護し、アルバム保存100年(※2)を実現する。
■ スクエアフォーマットのシールプリントや専用アプリにより楽しみを拡大SNSの写真共有で慣れ親しまれているスクエアフォーマットでのプリントが可能。
用紙はシール紙となっているため、手帳やアルバムなどに貼り付けて楽しめる。

Read this article in English

コメントを残す