米国が南極で検査を実施

米国が南極で検査を実施

02/12/2020 11:23 EST

スポークスマンのオフィス

米国国立科学財団、国立海洋大気庁(NOAA)、および米国沿岸警備隊の米国政府職員のチームが、南極大陸の外国の研究ステーション、施設、および機器の5日間の検査を締結しました。 2020年2月11日。チームは3つのステーションを検査しました。Mario Zucchelli(イタリア)、Jang Bogo(韓国)、およびInexpressible Island(中国)。機関間チームは、沿岸警備隊のカッターPOLAR STARに乗り込みながら検査を実施しました。これは、南極大陸のited州による15番目の外国の研究ステーションの検査であり、2012年以来最初の検査でした。
米国は、1959年の南極条約の規定に従って、南極大陸の平和と科学を留保する大陸としての地位を引き続き推進します。検査の目的は、南極条約とその禁止議定書を含む環境プロトコルの遵守を検証することでした。軍事措置と採掘、ならびに安全な基地運用と健全な環境慣行を促進する規定。検査では、領土の主張にもかかわらず、南極大陸のすべてに関心のある国がアクセスできることを強調し、南極条約の軍備管理規定の遵守の重要性を強化しています。米国は、2020年5月にフィンランドのヘルシンキで開催される次の南極条約協議会議で、検査に関する報告書を提出します。
海洋局と国際環境科学局は、全米政府の研究を調整し、支援する米国南極プログラム(USAP)を管理する連邦機関である国立科学財団と協力して、南極に関する米国の政策を主導しています。最南端の大陸と南大洋、およびその他の連邦政府機関。 USAPを通じて、米国は南極に3年間の科学観測所を維持し、他のどの国よりも南極に拠点を置く人員を増やしています。

Read this article in English


日本での学会発表に、B0判のポスターを頼みました。
ポスター印刷1枚から高品質ネットでポップ

ラスベガス発オプショナルツアーの選び方
アメリカ旅行でグランドキャニオンツアー


コメントを残す