「外国人留学生奨学金給付制度」2020年4月よりスタート

「外国人留学生奨学金給付制度」2020年4月よりスタート

開発途上にある海外の国や地域における農業振興支援を行うMore Jobs Better Lives一般財団法人(所在地:東京都渋谷区、代表理事:若山 陽一、以下MJBL)は、日本国内の大学もしくは大学院にて農業研究に携わる留学生を支援する奨学金制度「外国人留学生奨学金給付制度」の第1期生として、2020年4月より3名への奨学金の支給を開始した。また、支給開始前の2020年1月16日(木)に、インド料理店「ナタラジ 原宿表参道店」(住所:渋谷区神宮前6丁目)にて奨学生3名を集めた「MJBL財団第1期奨学生交流会」を実施。MJBLは、ネパールをはじめとする発展途上国の農業復興支援を目的に2018年に設立した一般財団法人。発展途上国において、経済を発展させるためには農業が欠かせない。農業は、その土地を活かして仕事を作ることができると同時に、その場所の特徴を活かした最高の商品を作ることができると考える。MJBLでは発展途上国出身の方を日本国内で支援し、農業の技術や知識を習得して自国に持ち帰って活かしてもらえるよう、積極的に援助しているという。このたびの奨学金制度はMJBLの活動の1つで、発展途上国の中でも後発開発途上国※出身で農業研究に携わる私費留学生を支援するもの。自身の研究を深め、財団との交流を深めることで奨学生それぞれの母国の未来を担う優秀な人材としてさらに成長し、今後に活かせるチャンスをつかんでもらうことを目的に設置された。選ばれた学生は、アフガニスタン出身の大学院1年生をはじめとする3名で、2019年9月より開始した公募より、書類選考と面接の上、決定された。

詳細:

財団URL https://www.mjbl.jp/

Read this article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。