PEANUTS生誕70周年のアニバーサリーイヤーを記念した郵便局限定『スヌーピー』グッズとオリジナル フレーム切手セットが登場!

PEANUTS生誕70周年のアニバーサリーイヤーを記念した郵便局限定『スヌーピー』グッズとオリジナル フレーム切手セットが登場!2020年1月17日(金)から、全国約6,000の郵便局と郵便局のネットショップで「スヌーピー」グッズを、全国約1,500の郵便局と郵便局のネットショップでフレーム切手セットを販売いたします。  2020年1月17日(金)から、全国約6,000の郵便局と郵便局のネットショップで郵便局限定「スヌーピー」グッズを、全国約1,500の郵便局と郵便局のネットショップで、PEANUTS70周年記念オリジナル フレーム切手セットを販売いたします。 世界一有名なビーグル犬『スヌーピー』や『チャーリー・ブラウン』など、個性豊かなキャラクターが登場する『PEANUTS』コミックが、2020年10月2日に生誕70周年を迎えます。 今回はアニバーサリーイヤーを記念して、作品初期のヴィンテージアートから後期のクラシックアートまでをふんだんに使い、郵便局らしくアレンジされた郵便局限定グッズと、オリジナル フレーム切手セットが登場。通帳ケースやポーチなどの実用的なグッズだけではなく、配達員の帽子とカバンを身に着けたスヌーピーの貯金箱や、黄色いスクールバスのケースが付いたフレーム切手セットなど、周年ならではの限定商品も販売いたします。 数量限定のため、気になる方はお早めに詳細をチェックしてみてください!※郵便局のネットショップでの販売は2020年1月17日(金)0:15からとなります。 郵便局のネットショップでご購入される場合は、販売価格の他に別途郵送料等が加算されます。▼郵便局のネットショップhttps://www.shop.post.japanpost.jp/shop/a/aother-snoopy70th/▼取り扱い郵便局は、下記URLからご確認いただけます。https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2020/00_honsha/0110_02.html●郵便局限定『スヌーピー』グッズ【通帳ケースA/B】 通帳2冊とカード4枚をまとめて収納できるビニール製のケース。Aは、ヴィンテージアートを使ったタテ型、Bはクラシックアートを使ったヨコ型タイプです。通帳ケースA/B 各560円(税込) 【商品概要】価格   : 各560円(税込)サイズ  : 約W160×H200mm(見開き時)材質   : 非フタル酸系PVC【スリージップポーチ】 ポケットが3つついた、フラットタイプのポーチ。普段使いだけでなく、旅行などでも大活躍する便利な仕様のポーチです。スリージップポーチ 870円(税込) 【商品概要】価格   : 870円(税込)サイズ  : 約W210×H155mm材質   : ポリエステル【クリアファイルセット】A4サイズ、A5サイズ、チケットホルダーの、サイズが違う3枚のクリアファイルがセットで登場。クリアファイルセット 550円(税込)【商品概要】価格   : 550円(税込)セット内容: A4サイズ、A5サイズ、チケットホルダー 各1枚材質   : PP【貯金箱】 帽子とカバンを身につけて配達員になったスヌーピーの貯金箱。おこづかいを貯めるのはもちろん、フィギュアとしても飾っておきたくなる可愛さです。貯金箱 1,320円(税込)【商品概要】価格   : 1,320円(税込)サイズ  : 約W65×H132×D98mm材質   : PVC、ABS●PEANUTS70周年記念オリジナル フレーム切手セット PEANUTS生誕70周年を記念したフレーム切手セットです。PEANUTSではおなじみの、黄色いスクールバスをイメージした専用ケースにフレーム切手をセットすると、バスの窓からキャラクター達が顔を覗かせる仕様になっています。 また、付属の5種類のポストカードは、それぞれヴィンテージアート、クラシックアート、郵便局オリジナルアートを楽しめる、スペシャルなデザインのセットになっています。 PEANUTS70周年記念 オリジナル フレーム切手セット 1,230円(税込)【商品概要】価格    : 1,230円(税込)セット内容 : フレーム切手(63円切手(シールタイプ)×5枚)×1シート、バス型ケース×1枚、ポストカード(5種)×各1枚※「フレーム切手」は、日本郵便株式会社の登録商標です。▼「ピーナッツ」とは チャールズ M.シュルツ氏が初めて「ピーナッツ」の仲間たちを世の中に紹介したのは、1950年。「ピーナッツ」が7つの新聞紙上でデビューを飾った時でした。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の足跡を残してきました。 2019年11月1日からApple+で始まった新シリーズ“Snoopy in Space”をはじめ、「ピーナッツ」のアニメーション作品は、特番や帯番組として、米国ではABCのほか、アニメ専門チャンネルのCartoon Networkやboomerang、カナダではFamily Channel、そして世界規模ではYouTubeのWildBrain Sparkのネットワークなど、主要ネットワークやストリーミングサービスで放送されています。また、世界中のファンの皆様には、多種多様の商品、アミューズメントパークのアトラクション、文化イベント、ソーシャルメディア、そして伝統的な紙媒体からデジタルまで各種媒体で掲載されている連載コミックなどを通して「ピーナッツ」を楽しんでいただいています。 さらに2018年、「ピーナッツ」は、NASAとスペース・アクト・アグリーメントで複数年の提携をしました。このスペース・アクト・アグリーメントは、宇宙探査とSTEMへの情熱を啓発するよう次世代の子供たちに向けてデザインされたプログラムです。 「ピーナッツ」のキャラクターおよび関連する知的財産権は、Wildbrain(トロント証券取引所:DHX;ナスダック:DHXM)が41%、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが39%、チャールズ M.シュルツ氏のファミリーが20%を保有しています。日本では株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツがエージェントとして、ライセンスビジネスを展開しています。そして2020年10月2日に迎える原作コミック連載満70周年を前に、2019年10月2日より70周年アニバーサリーイヤーがスタートしております。▼関連URL・日本のスヌーピー公式サイト http://www.snoopy.co.jp/・日本のスヌーピー公式Facebook ページ「Snoopy Japan」 https://www.facebook.com/SnoopyJapan・日本のスヌーピー公式twitter アカウント「Snoopy Japan」 https://twitter.com/snoopyjapan(C) 2020 Peanuts Worldwide LLC

Read this article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。