IR-2020-09:改善された源泉徴収税額計算機(Tax Withholding Estimator)により、労働者が希望の還付を得ることができます。新しい2020 W-4の記入方法を示します

ワシントン—IRS(内国歳入庁)は、労働者が給与から適切な額の連邦所得税を徴収されることにより、希望する還付額を得られるように設計された、改良版の税源泉徴収還付金計算機を導入しました。

IRS.govで利用できるようになった Tax Withholding Estimator は、再設計されたW-4フォーム、従業員の源泉徴収証明書からの変更を取り入れています。IRSは、すべての人に、源泉徴収税の見積もりを使用して給与チェックを行うことにより、源泉徴収を調整する必要があるかどうかを確認するよう促しています。調整が必要な場合、源泉徴収税計算機は、雇用主のオンラインW-4フォームの記入方法に関する特定の推奨事項を提示するか、主要な部分が記入済みとなったPDFフォームを提供します。

2020年から、所得税の源泉徴収は、個人の免除の価値と結びついた、従業員の婚姻状況と源泉徴収手当に基づくものではなくなりました。代わりに、所得税の源泉徴収は通常、労働者の予想される申告状況とその年の標準控除に基づいています。さらに、労働者は、その年の源泉徴収に反映される項目別の控除、児童税額控除、およびその他の税制上の優遇措置を選択できます。一度に複数の仕事をしている人(両方の配偶者が働いている家族を含む)が、源泉徴収が少なすぎないように源泉徴収を調整することが重要です。これを行うには、源泉徴収税の見積もりを使用するのが最も正確な方法です。更新されたTax Withholding Estimatorおよび再設計された2020 Form W-4の詳細については、https://IRS.govをご覧ください。

Read this article in English



コメントを残す