デジタル化のメリット?

日本では2011年に完全にアナログのテレビ放送が見られなくなるということだが、ここアメリカでは今年の6月に切り替えられる予定。

よくわからないのが、何をどう変えればいいのか、ということ。はっきり言うと、自分が何をわかってないのかもわからない。

我が家にはテレビが2台あり、1台はケーブルテレビに、1台は衛星につながっている。両方ともデジタルボックスのような物がついているので、これがあればデジタル化されてもテレビが見られるの?

大変なのは、ロサンゼルスの日本語テレビ局だ。デジタル切り替えを見込んで、18.2という微妙なチャンネルでの24時間放送をこの3月に開始したが、見方がわからない人が多く、浸透していない。

日本語テレビを見る為にデジタルアンテナを購入した友人は「通常のチャンネルといちいち切り替えないといけないのが面倒」と言っていた。うーん、よくわからない。

そういうわけで、6月からテレビが見られなくなるのか。ローカルの日本語テレビは、デジタルアンテナを購入しない限り、これからも永遠に見られないのか、すべてが謎なのである。その前に、素朴な疑問、放送をすべてデジタル化して何かいいことあるんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。