ブッシュは過去の人?

就任以来、オバマ大統領の存在感がそれほどアピールされていないのも事実だが、昨年まで2期も務めたブッシュ元大統領の影が急速に薄くなっているのもまた事実。
先日、オリバー・ストーン監督がブッシュの伝記をドラマ仕立てにした「W」のPRで取材に答えたテープを聞く機会があった。
いわく、「ブッシュは40歳までお父さんに食べさせてもらった出来損ない」「本物のリーダーは人々に奉仕するが、彼は私欲を肥やした」と言いたい放題。最後には「ブッシュには脳がない」とまで言っている。
コンプレックスの塊だったブッシュは「父親がなれるなら、自分もなってみる」という、「父を超える」という単純な動機で大統領をめざした。国を変えたい、とか、人の役に立ちたいという、そういう志は皆無。
この映画、アメリカでは公開が終了しているが、DVDで見ることにしよう。それにしても、ここまで言われた大統領はかつていただろうか?
そうそう、ブッシュは「あなたのしたこと(イラク戦争を起こしたこと)が歴史に残ることをどう思うか?」と質問されて、「私は死ぬから気にならない」と答えて失笑を買った人だ。うーん、なんて人をアメリカ合衆国の国民は選んでしまったのだろうか。


今流行っているインスタグラム風のフレーム/インスタ枠、ウェルカムボード
ポスター印刷1枚から高品質ネットでポップ

ラスベガス発グランドキャニオンツアーの選び方
ラスベガスからのアンテロープキャニオンツアー ラスベガスコンシェルジュ


コメントを残す