若者は「人権を教えることはそれだけの価値がある」と言う

若者は「人権を教えることはそれだけの価値がある」と言う
フロリダ州クリアウォーター、2020年10月9日

72周年にあたる12月10日、世界人権宣言(UDHR)人権青年(YHR)フロリダ支部は、人権教育者を人権擁護者として認定し、優れた業績を上げた教師に特別賞を授与する。 UDHRは、肌の色、バックグラウンド、宗教に関係なく、すべての人の権利が何であるかを宣言する国連のベンチマーク文書だ。昨年、5万人の学生が、YHRフロリダ支部と提携教育者によって人権を教えられ、YHRは12人以上のフロリダの教師に人権を授与した。 「学生が人権を学び、それを適用し始めることは実際に不可欠です」と、人権のための青年のフロリダ支部のエグゼクティブディレクターであるクリスチャンバルガスは言う。 「だからこそ、私たちはフロリダ中の教育者と提携し、彼らが人権を教えやすくするためのリソースを提供しています。残念ながら、それは私たちの教育システムにかなり欠けており、私たちの若者が学ぶための最も重要な科目の1つです。」過去5年間、Youth for Human Rights Floridaは、1400人を超える教育者、NGO、公務員、教会の指導者、コミュニティ活動家。毎年、12月10日の国際人権デーのために、世界中の青年の人権支部が行進、請願運動、アートショーのビデオプレゼンテーションなどを主催している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。