ユタ州人道協会は、犬を助けるために医療用レーザーを使用

ユタ州人道協会は、犬を助けるために医療用レーザーを使用

犬のアストロはMRPから寄贈されたレーザーマシンで切断手術を受ける。
マレー、ユタ州、2020年9月23日

Sharplan 1030レーザーマシンは、ユタ州パークシティにあるMedRepPro(MRP)の創設者兼CEOであるスコットカーソンによって、ユタ州人道協会に惜しみなく寄付さた。 5歳の大型雑種犬であるAstroは、このレーザーを使用して右前肢を切断する手術を受けた最初の患者だ。医療用レーザーは、ユタ州ヒューマン協会の獣医師がシェルター動物に対して行うことができる外科的治療オプションを拡大。「レーザーを手術中に使用することの利点は、レーザーが切れるときに焼灼することです。」「これは術中の出血を減らし、より良い治癒を促進します。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。