アジアのAYCEチェーン8月8日、ロボットサーバーを店内に導入

アジアのAYCEチェーン8月8日、ロボットサーバーを店内に導入

カナダ、ブランプトン、2020年8月20日
人気の点心と寿司チェーンは、今後の拡張計画とともに、ヒロボットのロボットBraをブランプトンの場所に紹介します。

アジアの食べ放題(AYCE)レストランチェーン8月8日、飲食店で自動化されたフードサーバーとして働くロボットを紹介し、現代の新しいタイプのカスタマーサービスを提供します。キッチンからダイニングルームに食べ物を運ぶと、8月8日、スタッフがレストランの常連客に食べ物を提供します。ロボットサーバーは、自律的に移動できる高度なテクノロジーを備えています。それらは、障害物や衝突を回避することを可能にする複数のセンサーを備えており、すべて迅速かつ効率的な方法で食品を輸送します。忙しい室内環境での使用向けに設計されたロボットは、子供や高齢者を含むすべての人口統計の人々の周りで安全に使用できます。新しいロボットは、レストラン業界が提供する新しいタイプのおもてなしを表しています。カナダのロボットディストリビューターであるヒロボットから提供されたロボットは、1日中動作するように設計されており、直接体験することのできないユニークな顧客体験を表しています。ロボットは8月8日のブランプトンの場所でデビューします。 8月8日には、最終的にロボットサービスを、オンタリオ州南部の7つの場所すべて(ハミルトンに2つ、トロントのダウンタウンチャイナタウンの中心部に1つを含む)に拡大する計画があります。その間、8月8日は進行中のCOVID-19の脅威に対して積極的に対応しました。公衆衛生上の利益のために、8月8日には、常連客とレストランの労働者を保護するために設計されたセーフガードの完全なリストが実装されました。新しい手順では、8月8日の常連客はマスクを着用し、テーブルごとに10人の常連客に制限されます。また、すべてのダイナーは到着時に温度チェックを行い、連絡先情報を訪問者のログに記録する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。