香港における権利の侵害に関する共同声明

香港における権利の侵害に関する共同声明

2020年8月9日午前10時26分EDT
スポークスパーソンのオフィス

私たちオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリスの外務大臣、および米国務長官は、香港政府による候補者の不当な失格と立法評議会選挙の不釣り合いな延期に深く懸念している。これらの動きは、香港の安定と繁栄の根幹であった民主的なプロセスを弱体化させた。
我々は、香港の基本的権利と自由を侵食している新しい国家安全保障法の北京の押し付けに深い懸念を表明する。
私たちは、真に自由で公正かつ信頼できる選挙を通じて立法理事会の代表を選出するという香港の人々の正当な期待をサポートする。基本法に規定されている民主的権利と自由の行使に資する環境で選挙が行われるよう、失格候補者の資格を回復するよう香港政府に要請する。北京は、「1つの国、2つのシステム」の原則に基づく自治と自由を、米国で登録された条約である中英int宣言において香港の人々に約束し、その約束を尊重しなければならない。私たちは香港政府にできるだけ早く選挙を行うよう要請する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。