アメリカ、北朝鮮のサイバー脅威に関する勧告を発表

アメリカ、北朝鮮のサイバー脅威に関する勧告を発表

2020年4月15日09:27 AM EDT
スポークスパーソンのオフィス

4月15日、米国国務省、国土安全保障省、財務省、および連邦捜査局は、北朝鮮によるサイバー脅威の認識を高めるための勧告を発表しました。このアドバイザリは、北朝鮮の世界中の悪意のあるサイバー活動に焦点を当て、技術情報や脅威情報を提供する米国政府のリソースを特定し、サイバー脅威への対策を推奨しています。
北朝鮮の悪意のあるサイバー活動は、米国および世界各国を脅かしており、特に国際金融システムの完全性と安定性に重大な脅威をもたらしています。米国は、志を同じくする国と緊密に協力して、サイバースペースでの破壊的、破壊的、またはその他の不安定な行動に注意を向け、非難します。外国政府、ネットワーク擁護者、そして国民が警戒を怠らず、北朝鮮がもたらすサイバー脅威を緩和するために協力することは不可欠です。

コメントを残す