3月18日、米国市民権および入国管理局は、コロナウイルス病2019(COVID-19)の拡大を遅らせるために、現地事務所、庇護事務所、およびアプリケーションサポートセンター(ASC)での対面サービスを一時的に停止しました。 USCISのオフィスは、公共の閉鎖がさらに延長されない限り、4月7日に再開します。これらのオフィスの従業員は、公衆との直接の接触を必要としないミッションエッセンシャルサービスを実行し続けています。

3月18日、米国市民権および入国管理局は、コロナウイルス病2019(COVID-19)の拡大を遅らせるために、現地事務所、庇護事務所、およびアプリケーションサポートセンター(ASC)での対面サービスを一時的に停止しました。 USCISのオフィスは、公共の閉鎖がさらに延長されない限り、4月7日に再開します。これらのオフィスの従業員は、公衆との直接の接触を必要としないミッションエッセンシャルサービスを実行し続けています。
USCISは限られた緊急サービスを提供し続けます。緊急サービスについては、コンタクトセンターにお電話ください。
USCIS現地事務所は、延長された閉鎖の影響を受ける予定された予定と帰化式をもって、申請者と請願者に通知を送信します。 USCIS亡命オフィスは面接キャンセル通知を送信し、自動的に亡命面接を再スケジュールします。面接の日程が変更されると、庇護申請者は面接の新しい日時、場所が記載された新しい面接通知を受け取ります。 USCISが通常の業務を再開すると、USCISはオフィスの閉鎖により、ASCの予定を自動的に再スケジュールします。新しい予定の手紙がメールで届きます。 InfoPassやその他のアポイントメントを持っていた個人は、フィールドオフィスが再び一般公開されたら、USCIS Contact Centerを通じてスケジュールを変更する必要があります。 USCISコンタクトセンターに連絡する前に、現地事務所が再開されているかどうかを確認してください。
教育と予防策は感染に対する最も強力な手段です。 Centers for Disease Control and PreventionのCOVID-19 Webサイトにアクセスして、最新の事実を入手してください。良好な健康習慣を継続し、挨拶として握手や抱擁を控え、適切に手を洗い、表面をきれいにします。
USCISは状況の進展に応じて更なる更新を提供し、CDCガイダンスに従い続けます。アップデートについては、uscis.gov / coronavirusにもアクセスしてください。

コメントを残す