東京2020オリンピック聖火リレー

東京2020オリンピック聖火リレー

日本コカ・コーラ株式会社は、12回目となる東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーとして、東京2020オリンピック聖火リレーで走る聖火ランナーに、「綾鷹」ブランドアンバサダーである女優の吉岡里帆さんが決定した。
また、「綾鷹」代表として全国8府県のお茶生産者から16名のランナーが決定し、それぞれのコメントを発表した。
「綾鷹」は、日本を代表する緑茶として、オリンピックという、たくさんの人が集まり、様々な出会いが生まれるこの機会に、綾鷹がこれまで大事にしてきた“急須でいれたようなお茶の旨み”によって、人々をおもてなししていきたいと考えた。 日本の伝統的な手いれの緑茶文化を未来に受け継ぎたいという思い、オリンピックで世界中から日本にやってくる方々はもちろん、日本の人々にも日本の素晴らしい伝統文化を改めて伝えたいという思いから、お茶の生産者の方々を聖火ランナーとして選出した。 

Read this article in English

コメントを残す