米国-ヒズボラの関連会社と役人をグローバルテロリストとして指定

米国-ヒズボラの関連会社と役人をグローバルテロリストとして指定

02/26/2020 05:51 PM EST
マイケル・R・ポンペオ、国務長官

今日、米国は、大統領令13224に従って、ヒズボラの財政支援ネットワークの一部であるMar教者財団にリンクしているレバノンに拠点を置く15人の個人および団体を特別指定グローバルテロリスト(SDGT)として指定しました。レバノンの人々を犠牲にして、独自の悪性利益とその主な恩人であるイランの利益を追求するための、広大で影のある企業ネットワーク。
米国財務省は、2007年に指定されたテロリストグループのグローバルサポートネットワークの不可欠な要素であるMar教者財団が所有または管理するために、アトラスホールディングとその子会社10を指定しました。財務省は、アトラスホールディングの上級幹部Kassem Mohamad Ali Bazziをさらに指定しました、Mar教者財団の2人のリーダーまたは役員であるJawad Nur-al-DinとSheikh Yusuf Aasi、および関連会社。
今日の指定は、ヒズボラの金融円滑化ネットワークを混乱させ、その影響力を強化するためにレバノンの政治的および経済的アリーナの操作を公開する米国の努力を継続します。

Read this article in English

コメントを残す