重症疾病保険協会が共有する5年間の男性がん生存率

重症疾病保険協会が共有する5年間の男性がん生存率

2020年に癌と診断された男性は、5年後の5年間生存する可能性が非常に高いです。

カリフォルニア州ロサンゼルス、2020年2月27日

今年、癌と診断された男性の大多数は、5年後に生存することになり、米国重症疾病保険協会の理事を務めています。前立腺がんと診断された男性の約97.6%は、最新のデータによると、5年生存率を持っています。」誰もが恐ろしい言葉を聞きたくありません。がんがありますが、事実は、ほとんどの人が今、」は、米国重症疾病保険協会(AACII)のJesse Slomeディレクターを説明しています。 「しかし、癌診断の結果としてしばしば荒廃する彼らの財政について同じことを言えるかどうかはわかりません。」協会の意識向上キャンペーンの一環として共有された2020年のデータによると、癌と診断された男性の生存率は5年です。「診断された人の大部分は、過去数十年にわたって行われた優れた医療と進歩のおかげで生き残ります」とSlomeは述べています。 「しかし、最高の健康保険でさえ、癌のような健康問題はアメリカ人が破産を余儀なくされる主な理由です。」最新の米国癌統計は、男性の間で一般に診断された形態の癌の5年生存率を明らかにします。男性の5年生存率は、前立腺がんで97.6%、精巣がんで95.3%、甲状腺がんで93.5%、結腸がんおよび直腸がんで63.2であることが判明しています。重大な病気保険組織の意識向上キャンペーンは、癌またはその他の多くの重大な病気の診断時に一時金を支払うことができる、あまり知られていない形態の保険の存在。 「今日、1か月に数ドルで、治療または回復の仕事から離れている間に、カバーされていない医療費を支払うか、家賃や住宅ローンを支払うことができる10,000ドルの小切手を受け取る資格を得ることができます。」

Read this article in English

コメントを残す