クリミアはウクライナです

クリミアはウクライナです

02/26/2020 08:24 PM EST
マイケル・R・ポンペオ、国務長官

2月27日は、ロシアのウクライナのクリミア半島の併合未遂の6周年を記念し、米国はクリミアはウクライナであることを再確認します。 2018年7月のクリミア宣言で強調されたように、米国はロシアの半島に対する主権の主張を認識しておらず、今後も認識しません。私たちはロシアにクリミアの占領を終わらせるよう呼びかけます。
ロシアのクリミア占領と半島の軍事化の増加は、私たちの共通の安全に対する脅威です。ロシアの占領当局は、人権と基本的自由への攻撃を続け、市民社会とメディアの批評家を残忍に沈黙させ、宗教の自由を削減しています。クリミアのタタール人コミュニティのメンバーを含むクリミア半島の80人以上の個人が、占領に対する平和的な反対のためにロシアに投獄され、一部は拷問を受けました。クリミアタタール人コミュニティのメンバーは、自宅やモスクに対する不当な襲撃、占領当局による監視と脅迫、文化的イベントの制限、代表組織であるメジュリスの犯罪を経験し続けています。ロシアは、国際法に違反して、約20,000人のクリミア男性を強制的に徴収しています。占領当局は宗教の自由を厳しく制限し、偽のテロ容疑で宗教信者を標的にし、シンフェロポリのウクライナ正教会の大聖堂を押収しました。米国はロシアに対し、彼らの平和的反対に対する報復として不当に投獄されたすべてのウクライナ人を解放し、クリミアの基本的自由に対するロシアの虐待を終わらせるよう求めている。
6年後、ロシアは非合法者を合法化しようとして失敗した試みで、嘘と偽情報に依存し続けています。その努力は失敗する運命にあります。ロシアの挑発されていないウクライナの侵略を世界は決して忘れません。米国は、クリミアでのロシアの違法行為と、ドンバスを含むウクライナに対する継続的な攻撃的行為を非難し、クリミアの支配をウクライナに戻し、ミンスク協定に基づくコミットメントを完全に実施するまで、ロシアに対する制裁を維持します。

Read this article in English

コメントを残す