写真を撮る感覚で3Dを作成

写真を撮る感覚で3Dを作成

株式会社カシカは、3D作成・AR(拡張現実)技術を活用したスマートフォン向け物体共有サービス「カタチスペース」のiOSアプリを2月14日リリースした。
3DやARを用いたサービスは日々登場していますが、ほとんどの人が3Dを目にしたことはあっても、その作成方法などは把握していません。

・アプリ限定「カタチを撮影」機能スマートフォンのインカメラを用いて撮影をすると、簡単に立体的なカタチデータを作成できます。撮影したカタチをカタチスペースへアップロードすれば、いつでもアーカイブとして見返すことが可能。
・実際の大きさが分かる「AR」機能撮影したカタチはWebARで表示可能。
・実寸サイズで表示されるため、大きな物を持ち歩いたり、ARとの記念撮影など、新しい使い方が可能。
・離れた人とも共有「シェア」機能アップロードしたカタチは、シェアボタンをタップするだけで共有が可能で、ウェブブラウザで表示することができる。
・各種SNSのほか、リンクやQRコードも作成。

Read this article in English

コメントを残す