優れた濡れ性と印刷性を備えた新しいハロゲンフリーはんだペースト

優れた濡れ性と印刷性を備えた新しいハロゲンフリーはんだペースト

東京、2020年2月16日

Koki Company Limitedは、IPC J-STD-004Bに従ってROL0に分類される、新たに開発されたハロゲンフリーはんだペーストS3X58-HF1000のリリースを発表しました。

ハロゲングループの元素は強力な酸化還元特性を有し、通常のはんだペーストでフラックス配合に少量のハロゲンを添加して使用されることが多く、良好な濡れ性と低ボイドの発生を促進します。ただし、環境への懸念から、ハロゲンの使用を排除することは最近の加速的な傾向です。ハロゲンフリーフラックスを設計するには、ハロゲンと比較して弱い酸化還元特性を補うために、比較的大量の有機酸を含む配合が必要です。さらに、有機酸は高温で分解する傾向があります。新たに開発されたハロゲンフリーはんだペーストS3X58-HF1000は、室温での酸化還元反応を抑制する「安定剤」技術を採用しています。この技術により、はんだペーストフラックスはリフロー温度で最大限の活性化強度を発揮し、ハロゲンを含まないにもかかわらず堅牢なはんだ濡れを実現します。フラックス中の活性剤は、耐熱性が高くなるように設計されています。

Read this article in English

コメントを残す