北米企業は2019年にさらにロボットを注文した

北米企業は2019年にさらにロボットを注文した

ミシガン州アナーバー、2020年2月15日

北米のロボットの注文は、2018年と比較して2019年に1.6%増加し、29,988台のロボットユニットが注文されました。注文収益は16億8,100万ドルに達した。

自動化協会(A3)の一部であるRobotic Industries Association(RIA)は本日、2019年の北米ロボットユニットの注文が2018年の結果と比較して1.6%増加し、29,988個のロボットユニットが注文されたことを発表した。 2019年の受注収益は1.3%減で、1年で16億8,100万ドルとなった。成長の最大の要因は、自動車OEMからの注文が50.5%増加し、プラスチックおよびゴム産業が16.6%増加したこと。自動車部品市場への注文は6.6%減少し、食品および消費財、ライフサイエンス、金属、半導体/電子機器を含む他のすべての非自動車産業は、昨年と比較して1桁縮小した。

Read this article in English

コメントを残す