大阪国際空港内に国内空港初となる「愛犬専用トイレ」を設置

大阪国際空港内に国内空港初となる「愛犬専用トイレ」を設置

関西エアポート株式会社は、愛犬を伴う空港利用者の利便性向上を目的に、2月13日(木)から国内空港では初となる「愛犬専用トイレ」を大阪国際空港(伊丹空港)内に設置する。 
愛犬専用トイレは、愛犬を伴って空港をご利用される方にも、より便利で快適な環境をご提供できるよう、大阪国際空港の送迎スペースに設置する。
ご搭乗に先立ち、愛犬が飼い主とともにトイレを済ませることで、ストレス軽減につながればと考えた。また、補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)については、ターミナルビル内の多目的トイレに加えて、2019年12月に完成した愛犬専用トイレに隣接する多目的トイレをご利用いただけます。
この多目的トイレには補助犬のピクトグラムや、呼び出しインターホン等を設置している。

Read this article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。