ギニアの選挙プロセスに関する米国の懸念

ギニアの選挙プロセスに関する米国の懸念

02/07/2020 02:48 PM EST

マイケル・R・ポンペオ、国務長官

米国は、3月1日に立法選挙と憲法上の国民投票を実施するというギニア政府の現在の計画を懸念しています。私たちは、すべての関係者に非暴力の市民対話に参加するよう促します。ギニア政府は、投票用紙に関する国連の勧告を実施し、新憲法に関する包括的な国民協議へのコミットメントを支持すべきです。
暴力、弾圧、政治的脅迫は、民主主義の場ではありません。私たちは、政治的所属に関わらず、すべての抗議者に暴力を控えるよう求めます。私たちは治安部隊に対し、すべての市民が平和的抗議に参加する権利を尊重するよう要請します。また、デモに関連するすべての死亡を完全に調査し、これらの調査の結果を公開するように、ギニア政府に要請します。
2019年9月にワシントンを訪問中にコンデ大統領に伝えたように、米国は定期的かつ民主的な権力移行を強く支持しています。米国は、今後数年間、すべてのギニア人と協力して、平和、繁栄、およびパートナーシップのための民主主義システムを強化することにコミットしています。

Read this article in English


写真パネル、パネル印刷などと呼ばれる、パネル加工サービス
サイン&ディスプレイブログ

ラスベガスではプライベートチャーターツアーで大自然を満喫。
ラスベガス出発オプショナルツアー ラスベガスコンシェルジュ


コメントを残す