第3回米仏サイバー対話

第3回米仏サイバー対話
01/22/2020 04:22 PM EST
スポークスマンのオフィス

2020年1月22日に、米国とフランスの第3回サイバー対話がフランスのパリで開催され、サイバーセキュリティとサイバーポリシーの問題に関する継続的なパートナーシップを再確認しました。政府は、すべての州が責任を持って行動する、オープンで、相互運用可能で、信頼性が高く、安全なサイバースペースを確保するというコミットメントを共有しています。
二国間会議で、米国とフランスは、サイバースペースの安定性を高めるための取り組みについて議論した。多国間および地域の安全保障施設における外交の進展。 5Gセキュリティの懸念。国内のサイバーセキュリティ問題。サイバーキャパシティビルディング。両国は、既存の国際法の適用可能性、国家行動の拘束力のない平時規範の遵守、および実際的な信頼醸成措置の実施に基づいて、サイバースペースにおける責任ある国家行動の枠組みに対する支持を再確認した。代表団はまた、2019年9月23日に合衆国、フランス、およびその他25か国が署名した、サイバースペースにおける責任ある国家行動の推進に関する共同声明の要素について議論しました。彼らはこのフレームワークに反して行動します。
サイバーおよび国際通信および情報政策担当国務次官補のロバート・L・ストレイヤーは、商務省、国防総省、国土安全保障省、司法省および州の代表者を含む米国の代表団を率いました。アンリヴェルディエ大使は、フランス外務省、国家サイバーセキュリティ庁、内務省、軍務省、法務省の代表を含むフランスの省庁間代表団を率いました。
米国は、ワシントンD.C.で次の対話を開催することを楽しみにしています。

Read this article in English


今年は帰国できなかったので、子供の写真をパネルにして両親に届けました!
ポスター印刷1枚から高品質ネットでポップ

セドナハウスに宿泊して、パワーを感じました。
ラスベガス発オプショナル ツアー


コメントを残す