自然電力株式会社、石川県に太陽光発電所の建設および商業運転開始

自然電力株式会社(代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)およびjuwi自然電力株式会社(代表取締役:ヴァルツェヒャ・ヤン・マーテン、以下「juwi自然電力」)は、石川県において、東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)の100%出資子会社であるプロミネットパワー株式会社(社長:菅沢 伸浩)が取り組む案件として、志賀町猪之谷貯水池太陽光発電所(2,589kW)および羽咋市新保町太陽光発電所(2,746kW)太陽光発電所を建設し、このたび商業運転を開始した。

両発電所は、自然電力と東京ガスが2017年2月23日に締結した資本業務提携契約に基づき、自然電力が事業開発を、juwi自然電力が建設を行い、商業運転を開始した初めての事例。なお、両発電所の運営・保守はjuwi自然電力オペレーション株式会社(代表取締役:佐々木周、ヴァルツェヒャ・ヤン・マーテン)が行う。自然電力は「青い地球を未来につなぐ」ことを自らのPURPOSE(存在意義)として掲げ、より多くの人々が地球上で幸せに暮らし続けるために、世界中で自然エネルギー発電所をつくり安全で持続可能な電気が使われる暮らしを広げていくことを目指す。今後も、高品質かつ地域に根差した自然エネルギー発電所の開発・建設・運営・保守を通じて、“自然エネルギー100%の世界”の実現を加速させていくという。

■ 発電所の概要

志賀町猪之谷貯水池太陽光発電所

石川県羽咋郡志賀町発電端

出力 2,589kW

運転開始 2019年12月

羽咋市新保町太陽光発電所

発電端出力 2,746kW

石川県羽咋市新保町

運転開始 2019年12月

志賀町猪之谷貯水池太陽光発電所

羽咋市新保町太陽光発電所

【自然電力株式会社について】

2011年6月設立。「青い地球を未来につなぐ」を掲げ、日本全国でグループとして約 1 ギガワット(2019 年 12月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント・電力小売事業等、すべてのサービスを手掛けている。2018年よりブラジル・インドネシアにて太陽光発電所を着工し、アジア・南米域を起点に世界各国でプロジェクトを進めている。 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也 URL:http://www.shizenenergy.net

Read this article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。