スワローインキュベート「視線検出技術」を提供開始

スワローインキュベート「視線検出技術」を提供開始ヒューマンセンシング開発を手掛けるスワローインキュベートは、パナソニック特許を活用した「視線検出技術」のSDK(ソフトウェア開発キット)等の提供を開始したと発表した。

視線検出技術 https://eyetrack.pas-ta.io/

視線検出技術 / 視線検出技術とは:

カメラを使用して「視線を可視化」できる技術です。「マーケティング分野」では視線データを活用してのマーチャンダイジングや、医療分野では視線をインターフェースとして機器を操作する視線UIなどに活用が期待されている技術です。

視線検出技術の特徴

1.非接触でも高精度を実現本「視線検出技術」は、カメラをセンサーとして「非接触」に視線検出が可能であり、ユーザビリティに優れています。また、特許ノウハウを活用した独自のアルゴリズムにより、ウェアラブルなどの接触型と比較しても同等な精度を実現しています。

2.特殊なカメラ不要スマホカメラでも実装可!「可視光カメラ」を利用するため、「スマホカメラ」などのデバイス搭載カメラや、ドライブレコーダーや車載カメラ、webカメラ、USBカメラなど、流通している多くのカメラを利用して手軽に「視線検出」を実装できます。

3.メガネ着用もOK目を対象とする技術では「メガネ」がネックとなりがちですが、本技術は「可視光カメラ」を使用しており反射の起こりやすい赤外線カメラを必要としないため、メガネ着用でも問題ありません。

4.SDK提供が可能従来は製品(完成品)での提供が多かった視線検出技術ですが、当社では「SDK(ソフトウェア開発キット)」を提供しているため、様々な製品/サービスに組み込んで本機能を実装できます。貴社で1から開発していただくより遥かに時間を短縮でき、比較的容易に実装可能です。

資料ダウンロード・視線検出技術

https://kutt.it/pr200114-dc

Read this article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。