GACKTが着用していたダイヤモンドのピンブローチがオークションに出品へ

GACKTが私物として保有する日本に1点しか存在しない5カラットのダイヤモンドをベースにフルダイヤモンドカスタムした時価4000万円のピンブローチを芸能人格付けチェックでの公約通りオークション出品する。自身の20周年を想い自らデザインしてフルダイヤモンドカスタムしたピンブローチで、時価4000万円という。

2020元旦に出演した「芸能人格付けチェック 2020お正月スペシャル」の番組内での公約通りオークション出品するという。国際的に権威のあるIGI鑑定書付き。番組「格付けチェック」内で、「今年連勝できたらオークションに出そうかな。もしボクが間違えたら視聴者プレゼントにしようかな。」と話していたGACKT。 結果は、個人連続正解の記録を62連勝に更新したことから格付けで披露したダイヤモンドをオークションに出品することになりました。

オークションURL

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r373898526

落札者はリムジンエスコートにてGACKTとのディナーにご招待し、その場でGACKTから手渡しします!

このピンブローチに使用されているラボラトリー・グロウン・ダイヤモンドとは:

地球環境に配慮した施設で誕生した本物のダイヤモンドです。天然のダイヤモンドは地球奥深くのマントルの高圧と高温の環境で何十億年という期間を経て結晶化しますが、その環境を地球上の施設に再現することによって、その何十億年という月日の奇跡を凝縮し、本物のダイヤモンドを成長させることが可能となりました。ラボラトリーグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと全く同じ炭素の結晶で、全く同じ硬さ、同じ輝きを持つ、科学的に全く同一の物質です。唯一の違いは成長した場所なので、例えて言うなら野生の蘭の花と、グリーンハウスで栽培された蘭の花のようなものです。また、野生環境下で成長する天然ダイヤモンドはほとんどの場合周りに存在する不純物を取り込んで成長しますが、ラボラトリーグロウンダイヤモンドは不純物を含まないピュアなダイヤモンドとして成長することが可能で、美しい輝きを放つのが特徴です。このラボラトリーグロウンダイヤモンドはここ4~5年の間に特にアメリカやヨーロッパで非常にポピュラーになりました。

Read this article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。