airplane-window

エネルギー資源担当副長官フランシス・R・ファノンがアブダビに戻る

01/13/2020 03:40 PM EST スポークスマンオフィス

エネルギー資源担当国務次官フランシス・R・ファノンは1月8日から13日にアブダビに戻り、地域のエネルギー安全保障と政府、企業、市民社会の指導者との協力について話し合った。そこで彼は、International Renewable Energy Agency(IRENA)およびAtlantic Council Global Energyフォーラムの会議で米国代表団を率いました。ファノン次官の旅行の目的は、この地域で継続的な米国のパートナーシップを示し、世界のエネルギー市場を安心させることでした。過去1年に何度もアラブ首長国連邦に戻ってきたファノン次官は、政治的安定への地域的な課題に直面してパートナーシップを支援するために、新しい米国のエネルギー資源を活用しようとしています。ファノン次官は、米国が純エネルギー輸出国になったことに起因するエネルギー市場の新しい回復力について概説しました。米国は、2020年に1日あたり1,300万バレル以上の原油を生産する軌道に乗っている世界第1位のエネルギー生産国です。米国は、世界のエネルギー市場の安定に取り組んでおり、相互に有益な貿易と投資の機会に基づいて、再生可能エネルギーの成長を含むエネルギー変換の共同追求に引き続き取り組んでいます。米国エネルギー資源ガバナンスイニシアティブ(ERGI)は、ファノン次官が訪問時に推進した好機の1つであり、健全な鉱業セクターガバナンスと回復力のあるエネルギー鉱物サプライチェーンを引き続き提唱しています。

Read this article in English


日本での学会発表に、B0判のポスターを頼みました。
ポスター印刷1枚から高品質ネットでポップ

ミニバンで4人乗り限定のビジネスクラス感覚なツアーでした。
ラスベガス観光ツアー


コメントを残す