Telephone

FTCとマス・マーケティング会社が合意

FTCとマス・マーケティング会社がFTCの申し立てに合意しました。

フロリダに本拠を置くGrand Bahama Cruise Line LLC(GBCL)などが消費者に数百万の違法ロボコールを行うのを支援した3人の個人と電話コールセンターは、連邦取引委員会の申し立てに和解し、テレマーケティングロボコールを永久に禁止されました。

FTCは、連邦法廷でGBCLおよび大規模な事業に関与し、和解することに同意していない他の6人の被告に対して訴訟を起こします。

FTC消費者保護局長のアンドリュー・スミスは、次のように述べています。「このケースは、未承諾の呼び出しで消費者を攻撃する違法ロボコール操作に取り組むFTCの継続的な努力を示しています。 「また、違法ロボコール操作に実質的な支援を提供する者は、相当な民事罰の責任を負う可能性があることを示しています。」

Read this article in English

コメントを残す