IR-2020-02 2019年の申告を1/27に開始

2020年1月6日

IRSは、1月27日に個々の申告者に対して2019年の申告期間を開始します。

ワシントン ― IRSは、2020年1月27日(月)に税務署が2019年の納税申告書の受け入れと処理を開始するときに、個々の納税申告者の国内の税シーズンが始ります。

2019年の申告書を提出し、未払いの税金を支払う期限は、2020年4月15日水曜日です。2019年の税務年度の1億5,000万件を超える個別の申告書が提出される予定です。「ファイリングシーズンに入ると、納税者はIRSの献身的な労働力が支援する準備ができていることを知っておいてください。」とIRSコミッショナーのChuck Rettigは述べました。

「納税者は事前に計画を立て、IRS.govで利用可能なツールと情報を使用することをお勧めします。 IRSと国の税務コミュニティは、申告がスムーズに完了するシーズンとなるように努力をしています。」

IRSは、主要な税務処理システムのセキュリティと準備を確保し、最近の税法が2019年の納税申告書に与える潜在的な影響に対処するために、1月27日の開始日を設定しました。納税者は、開始日前に多くの税務ソフトウェア会社や税務専門家だけでなく、IRSの無料ファイルプログラムを通じて申告書を準備する場合がありますが、これらの申告書の処理はIRSシステムが今月末にオープンした後に開始されます。

Rettig氏は「IRSは、すべての人が電子的に提出し、直接預金を選択することを検討するよう奨励しています」と述べています。 「迅速かつ正確で、できるだけ早く払い戻しを受けるための最良の方法です。」

ファイリングは、一般的なエラーに電子的にフラグを立て、納税者に情報の欠落を促します。納税者は、IRS Free File onlineを介して税金の準備と申告を無料で受けることができます。また、全国のコミュニティサイトで訓練を受けたボランティアから無料で税務サポートを受けることができます。また、27日まで待たずとも納税準備は始められるし、相談を開始できます。

さらに、IRSの公式ヘルプサイトであるIRS.govでは、IRSの税に関するヘルプを24時間利用できます。そこでは、人々が税に関する質問への回答を見つけ、税の問題をオンラインで解決できます。

Let Us Help Youページは、ほとんどの税に関する質問に答えるのに役立ち、IRSサービスガイドはこれらおよび他のIRSサービスにリンクしています。

Read this article in English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。