FTCは、1月9日のワークショップ「職場での非競争:独占禁止法と消費者保護の問題の調査」のアジェンダを発表します

FTCは、1月9日のワークショップ「職場での非競争:独占禁止法と消費者保護の問題の調査」のアジェンダを発表します

連邦取引委員会は、職場での非競争協定に関するワシントンDCでの次回のワークショップの議題を発表しました。2019年12月5日に初めて発表されたワークショップは、午前8時30分から午後5時30分まで開催されます。 2020年1月9日、ワシントンDC、ペンシルベニアアベニュー、ペンシルバニアアベニュー600のFTC本社ビルでライブ放送されます。

競業禁止条項は、雇用契約の条項であり、従業員が離職後に競合企業に参加したり、競合企業に入社する能力を制限します。ワークショップのパネリストには、法学者、エコノミスト、政策専門家が含まれ、労働市場参加者に対する非競争条項の効果と彼らが持つ可能性のある効率的根拠を評価します。パネルではまた、FTCの規則制定、法執行機関、または擁護当局を通じて対処できる、また対処すべき労働者への潜在的な害についても検討します。利害関係者は、2020年2月10日まで、これらのトピックまたはその他の関連トピックに関するパブリックコメントを電子的または紙で提出することができます。

ワークショップおよびパブリックコメントプロセスに関する詳細情報コメントのための質問は、ワークショップのウェブサイトをご覧ください。ワークショップは無料で一般公開されています。座席は先着順です。イベントへの道順と合理的な宿泊施設に関する情報は、ワークショップのウェブサイトで入手できます。ワークショップに関する一般的な質問については、NonCompetes @ ftcgovまでお問い合わせください。

Read this article in English

コメントを残す