アメリカの生活情報サイト::UsiFinder.com

 衰え知らぬ人口増加 ― 米国市場再考② ―

   2017-07-05

 

米国の市場は中長期的に見ても魅力的です。日本や欧州諸国といった先進国の多くが人口の高齢化に直面している中、米国は人口構成に恵まれています。米国の人口を性別・年齢グループ別に示した人口ピラミッド(国連、2015年データ)を日本のそれと比較してみるとその傾向は明らかです(下図参照)。

日本が40代をピークにそれ以下の人口が次第に減少しているのに対し、米国は消費旺盛と一般的に言われる64歳以下の層が厚いと同時に、人口のピークは20代から30代前半と若く、さらにはそれ以下の人口もそれほど減少しません。若い世代の層が厚いインドやメキシコなど新興国のピラミッドほどではないですが、当面は人口増加が続くことを示しています。
国連の人口統計をもとに今後の推移を見ると、米国の2050年の人口は2017年の人口3億2,456万人から20.1%増となる3億8,959万人、2100年の人口は同年比で37.9%増の4億4,748万人に増えると見込まれています。この伸びは新興国で構成される中南米地域とおおむね同じ水準です。2050年の人口が2017年比で14.7%減、2100年には同年比でマイナス33.7%減少する見込みの日本とは対照的な数字となっています。 世界最大規模だけではなく、将来的にも安定が続く市場。日本が尻すぼみしていく中、米国へのビジネス展開は重要な選択肢の一つになるのではないでしょうか。

キーワード:

シリーズ:米国をあらためて見つめてみる記事一覧へ

水野 亮(みずの・りょう) TWI Global Business (Div. of Teruko Weinberg), Executive Researcher/Consultant

【PR】

ネイルサロン

燃費向上剤

アメリカ会社設立

ペティット

ラスベガスコンシェルジュ

Expert コラム

アメリカ税金

すぐに役立つ

アメリカ税金

不動産投資・保険

不動産投資・保険

アメリカ不動産/保険

↑ PAGE TOP