母親としての本音

NHKの番組で作家の室井佑月が「安全かどうかわからないのに、福島の野菜を子供たちに食べさせたくない」と発言したことが物議を醸している。

風評被害を呼ぶと彼女はバッシングされることになったが、親としては、彼女の発言は当然のことだと思う。だってメルトダウンしていたのに、その事実を政府は長いこと隠していたのだ。

事実が伝わってないと確認できたのに、なぜ「福島県産の野菜は安全だ」ということが事実だとわかるのか?

福島県の被災者、農業従事者には本当に申し訳ないと思う。しかし、先日の「ネットワークで作る放射能汚染地図」という番組にもあったように、被災している本人たちにも放射能汚染の実態は伝わっていないのだ。政府も東電も伝えようとしない。

そして今疑わしいと思っているのが、第一原発から「二度」海に汚染水を垂れ流してしまったと報道されていること。本当に「二度」だけなのか?量が膨大であるだけに二度でも危険だが、「二度」だけとは信じられない…。何もかも疑わしい。

Leave a Reply